競艇のフォーメーション買いとは|おすすめ購入方法と書き方解説

競艇インフォメーション
競艇基礎情報/攻略法

競艇のフォーメーション買いについて、聞いたことはあるけどイマイチ何なのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

フォーメーション買いとは、1~3着を1選手もしくはそれ以上の選択をして、複数通りの流しをすべて購入するという方法を指します。

しかし、他にもいくつかある舟券の購入と比べて具体的に何が違うのでしょうか?

そもそもフォーメーションでの購入方法は何が良くて何が悪いのか…疑問はつきません。

そこでこの記事では、競艇のフォーメーションに関する知識はこの記事を読めば大丈夫!というくらいにしっかりまとめました。具体的には、以下の内容をお届けします。

  • 競艇のフォーメーション買いとは
  • フォーメーションのメリット・デメリット
  • フォーメーションの買い目点数の計算方法
  • 購入するときのポイント

この記事を最後までご覧になることで、フォーメーションに関する不安は一掃されて、競艇で新しい購入オプションがあなたの手に入ります。

また競艇予想サイトを活用することで、的中率を高めることができます。ぜひご覧ください。

ご案内

今最も稼げる競艇予想サイトが知りたい人は「本物の優良競艇予想サイトを厳選!おすすめランキングBEST10」をご覧ください

横並びランキング
ランキング1

グランドライン

グランドライン

《的中実績》

7/16(火)
尼崎2R⇒尼崎3R
677,400円的中!

《登録特典》

2万円分のポイント

ランキング2

ビッグボート

ビッグボート

《的中実績》

7/16(火)
常滑5R→常滑6R
803,600円的中!

《登録特典》

1万5,000円分のポイント

ランキング3

STRONG

STRONG

《的中実績》

7/14(日)
宮島7R→平和島6R
546,220円的中!

《登録特典》

最大10万円分のポイント

ランキング4

ギャラクシー

ギャラクシー

《的中実績》

7/16(火)
児島6R⇒芦屋12R
428,480円的中!

《登録特典》

最大10万円分のポイント

ランキング5

競艇ホットライン

競艇ホットライン

《的中実績》

7/15(月)
若松2R⇒若松4R
465,120円的中!

《登録特典》

2万円分のポイント

監修者
この記事の監修者
後藤孝男
競艇予想サイトNAVI 運営責任者【北村 功平】
1978年 2月11日生まれ。一橋大学卒業。大学時代から競艇にハマり、そのまま好きが高じて某スポーツ新聞社に入社。競艇をはじめ、競馬や競輪関連の記事を長らく担当。生粋の競艇好きで、休みの日もビールを片手に全国の競艇場に姿を表す。競艇を愛して22年、彼以上の競艇知識を持つ人間にはほとんど出会えない。競艇予想サイトNAVIでは全体監修を担う大黒柱。

競艇のフォーメーション買いとは

競艇のフォーメーションは買いとは、舟券を複数買う場合の買い方の一種です。

もう少し詳しく説明すると、軸となる艇をまずは1艇を決めて、それを固定します。

次に先ほど選定した1艇以外から2着となる艇を予想して、3着も同じように予想して選択をします。

こうして選んだ全ての艇が当たるように舟券を購入する方法をフォーメーションと言います。

1~3着まで選ぶことができるので点数を細く設定できます。実力差がはっきりしているレースなどには必要のない買い目を減らして、資金を本命に多く注ぐことができます。

フォーメーション買いのメリット・デメリット

フォーメーション買いのメリットとしては、マークシートを塗る時間を短縮できることです。つまりは、時間に余裕を持った状態で舟券を購入できるようになります。

買い目点数が多いときは、マークに時間がかかるため、締め切り時間に間に合わないことがあります。またその焦りから冷静にレースを予想することにも支障をきたしてしまいます。

またデメリットとしては、ガッツリ稼ぎたい人には不向きと言えます。

当てやすい一方で、平均配当も低いので一発を夢見る人には物足りなく感じるのではないでしょうか。

しっかり稼ぎたい方には、3連単で勝負することがおすすめと言えます。

競艇フォーメーションで購入できる買い目点数

前章までフォーメーションとは何なのか、またメリットやデメリットについてもご理解いただけたかと思います。

買い目点数の計算方法

3連単フォーメーションの買い目点数の計算式はズバリ以下の通りです。

「(1着予想の艇の数×2着予想の艇の数×3着予想の艇の数) – 存在しない買い目の数」

意外とシンプルな公式で表現できます。

ちなみに2連単フォーメーションの買い目点数の公式は以下の通りになります。

「(1着予想の艇の数×2着予想の艇の数) – 存在しない買い目の数」

3連単のときと比べて、3着予想の数が式に含まれないだけなので理解しやすいと思います。

一度、理解をしてしまえば自分でも簡単に計算できるのでトライしてみてください。

競艇のフォーメーション買いでおすすめする4つの買い方

買い目点数の計算方法まで理解できれば、いよいよ購入でしょうか?

ちょっと待ってください!!

実際に購入する前にフォーメーション買いのコツやポイントについてお伝えします。

  • フォーメーションで購入する買い目点数は制限する
  • 1・3着を決めて2着は流す
  • 3連単を購入する
  • 競艇予想サイトを利用する

これからフォーメーション買いをしたい方は必見です。

ポイント①:フォーメーションで購入する買い目点数は制限する

3連単フォーメーションを購入するときは買い目が多くなり過ぎないように注意しましょう。

買い目をあまりに広げてしまうとボックス買いと買わなくなってしまい、当たってとしても舟券の購入の方が高くなり赤字になることは十分に考えられます。

事前に自分のルールとして最大でも買い目の点数はいくらまでと設定しておくと、迷いがなくなります。

ポイント②:1・3着を決めて2着は流す

初心者の方は3連単フォーメーションで1着と3着の艇を先に決めてしまいましょう。そして2着は流しで購入することをおすすめします。

既に実力のある前評判の高い2選手がそのレースに出場する場合は、買い目の点数も抑えて、尚且つ的中する可能性が高い買い方ができます。

ポイント③:3連単を購入する

競艇は他のギャンブルと比較しても安定の結果になることが多いです。

予想する側としては、予想して当てやすいというメリットがあると同時に、ギャンブルとしては「一発」が期待しづらいという特徴があります。

そもそもギャンブルで大きく当てたいと考えている方にとっては競艇はある意味で不向きかもしれません。

それでもフォーメーション買いで少しでも大きく儲けたい場合は、3連単を購入しましょう。他の券種と比較しても払い戻しが大きいので、ギャンブルとしての旨味はやはり3連単が1番です。

ポイント④:競艇予想サイトを利用する

競艇にまだ馴染みがない、フォーメーションで初めて購入するのには抵抗があるという方は競艇予想サイトを利用してみましょう。

個人でできる予想の範囲や収集できるデータにはどうしても限界があります。競艇予想サイトでは、そういったニーズに応えるべく、過去の膨大なデータを元に的中率の高い予想を提供してくれます。

自信がないときこそ、プロの力を借りることをおすすめします。

>>本物の優良競艇予想サイトを厳選!おすすめランキングBEST10

今日から出来るフォーメーション買いの書き方

書き方

フォーメーション買いは、どういう書き方をすればいいのでしょうか。

まず、フォーメーションがよく適用される舟券の種類、3連単の平均払戻金は、7,300円です。

そして、3連単の過去最高払い戻し金額は76万円です。

競艇で「勝ち」に行くには、3連単を購入しましょう。

3連単を効率的に購入するために、便利なフォーメーションの書き方を紹介します。

  • 2艇-全-2艇
  • 1艇-1艇-全
  • 1艇-2艇-全

競艇で勝つには運も必要ですが、実力や経験も重要です。

そこで、これらのフォーメーション買いの書き方を詳しく解説しましょう。

関連記事:競艇の買い方は?マークシートの書き方を7つのステップで紹介!

2艇-全-2艇

レースで、気になる選手が2名いるとしましょう。

実力・経験ともにある選手であれば、ターンをするときに競り合い、流れて1着もしくは3着になることがあります。

ターンで勝った選手がそのまま1着、惜しくも負けた選手が3着になるのです。

そこで「2艇-全-2艇」のフォーメーション買いをします。

例えば、1号艇と4号艇が気になる選手だとすれば「14-全-14」という書き方をします。

そうすると、以下のような舟券を購入することになります。

  • 1-2-4
  • 1-3-4
  • 1-5-4
  • 1-6-4
  • 4-2-1
  • 4-3-1
  • 4-5-1
  • 4-6-1

気になる選手が2名いる場合は、この書き方を実践してみてくださいね。

1艇-1艇-全 1艇-全-1艇

これは、1章で説明したフォーメーション買いになります。

明らかに1号艇が勝つとしましょう。

しかし、次に有力なのが4号艇だとします。

先ほど、有力であればターンで3着になることが多いとお伝えしましたが、2着になる可能性もあります。

そこで「1-4-全」「1-全-4」という書き方をしましょう。

すると、以下のような舟券を購入することになります。

  • 1-4-2
  • 1-4-3
  • 1-4-5
  • 1-4-6
  • 1-2-4
  • 1-3-4
  • 1-5-4
  • 1-6-4

合計8枚の舟券を購入したことになります。

1艇-2艇-全

最後に紹介する方法は、絶対に勝つ選手を1着に指定し、他に気になる選手が2名いる場合に便利です。

競艇は6名で行われるので、実力や直近の成績が似たり寄ったりな選手がいることも珍しくありません。

そういった際に便利なフォーメーションが「1艇-2艇-全」というような買い方になります。

例えば、1着になるのが1号艇、そして他の有力選手が3号艇・4号艇としましょう。

そうすると「1-34-全」という書き方になります。

  • 1-3-2
  • 1-3-4
  • 1-3-5
  • 1-3-6
  • 1-4-2
  • 1-4-3
  • 1-4-5
  • 1-4-6

3連単で重要なのは、舟券を購入しすぎないことです。

舟券を購入しすぎてしまうと、トリガミという現象になり兼ねません。

トリガミとは、レースで勝ったにもかかわらず舟券の購入金額の方が高すぎて結果的にマイナスになる現象です。

3連単の舟券の購入点数は、10点以内に留めておきましょう。

関連記事:競艇でトリガミ(ガミる)をしない為の確実な3つの方法まとめ

まとめ

ここまで競艇のフォーメーションについて、解説してきました。

フォーメーション買いはバランスの優れた買い方なので、初心者での玄人でも絶対に抑えておきたい重要な買い方です。

基礎知識をしっかり理解しておきましょう。

また優良予想サイトの活用でレース的中率を高めることができますのでぜひお試しください。

ご案内

今最も稼げる競艇予想サイトが知りたい人は「本物の優良競艇予想サイトを厳選!おすすめランキングBEST10」をご覧ください

競艇予想サイトNAVI | 本物の競艇予想サイト おすすめランキング
稼げる競艇予想サイトNo.1
「グランドライン」
詳しくはコチラ
稼げる競艇予想サイトNo.1
「グランドライン」
詳しくはコチラ