【1着確定】まくり差しとは?その他決まり手5つ詳しく紹介

「まくり差しってなに?」

大人の娯楽の中でも人気のある競艇には、決まり手と言われる選手が1着を取るために仕掛ける技があり、決まり手が出れば1着がほぼほぼ決定します。決まり手は全部で6種類あり、その中の1つが「まくり差し」になります。

まくり差しとは、「まくり」と呼ばれる1週目のターンマークでアウトコースの艇がスピードを上げて内の艇を抜き去る戦法と、先行している艇よりも内側を通って抜く「差し」この2つの決まり手を合わせたものです。本記事ではまくりの意味とその他決まり手5つを詳しく紹介していきます。

また「まくり差しで予想を当てたい」という人に向けて本記事では以下の内容を紹介しています。

  • 【1着確定】まくり差しとは?その他決まり手5つ紹介
  • まくり差しで勝つために知っておくべき3つの要素
  • まくり差しには要注意?気を付けるべきポイント
  • マークしておくべき!まくり差しに強い本多宏和選手

これであなたもまくり差しについて詳しく知ることができるだけでなく、まくり差しで勝つための情報を得ることができます。また本記事最終章の4章では決まり手についてあまり詳しくない初心者でも競艇を楽しめる秘密のサイトを紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

1:【1着確定】まくり差しとは?その他決まり手5つ紹介

【1着確定】まくり差しとは?その他決まり手5つ紹介

大人の娯楽として楽しまれている競艇には決まり手という選手が1着を取るために仕掛ける技があります。決まり手という名前の通り決まり手を出すことでほぼほぼ1着が決まります。

そんな決まり手は全部で6種類あり、その中の1つがまくり差しになります。「まくり」という1周目のターンマークでアウトコースの艇がスピードを上げて内の艇を抜く戦法。「差し」という先行している艇の内側を通って追い抜く2つの戦法が合わさったものがまくり差しになります

まくり差しは、決まり手の中でも非常に難しく技術と経験が必要になるので、まくり差しを得意とする選手はかなりの上級者といえます。決まり手は他にも5種類あるので1つずつ紹介していきます。

・逃げ
逃げとは、1周目の第1ターンマークで最も内側の艇が先行してターンし、そのまま1着になる決まり手のことを指します。1号程が1コースをそのまま走行する可能性は90パーセントを超えているため逃げは1コースを走行している艇の決まり手といえます。

また競艇は1号程が圧倒的に有利な作りになっており、1号程が先に第1ターンマークを回ると追い抜くのはとても難しくなります。そのため、6種類の決まり手の中で逃げは1番決まりやすい決まり手となっています。

・差し
差しとは、1周目の第1ターンマークで、他の艇よりもコーンに沿って周回、内側から抜いて1着になる決まり手のことです。

外側のコースが差しを決めるのは難しく、差しを決めるのは2コースの艇が多いです。他にも内側から抜き去るため相応のエンジンと技術が必要なため、2コースに実力者が位置しなければ出にくい決まり手になっています。

・まくり
まくりとは1周目のターンマークで外側から内側の艇を一気に抜き、そのまま1着になる決まり手のことです。3コース、4コースが決めやすくなっていますが、余分な距離を走ってしまうことになります。

スタートで先行したうえで、第1ターンマークでスピードを維持したまま走らなければいけないため差し以上に技術が必要です。

・抜き
抜きとは、第1ターンマーク以外の場所で1着の艇を抜いた時に出る決まり手ですが、ほぼ出ることがあまりありません。

ですが、抜きが出た際はモーターを確認するようにしましょう。抜きが出るということは使用しているモーターのエンジンがかなり良いということです。マークしておき次の予想に役立てましょう

・恵まれ
恵まれとは、他の艇が転覆や反則で走行できなくなり、繰り上がりで1着になった時の決まり手になります。

いつ発生するかわからないため競艇を予想する際には、あまり考える必要がありません

2:まくり差しで勝つために知っておくべき3つの要素

まくり差しで勝つために知っておくべき3つの要素

まくり差しで勝つために知っておくべき要素は以下の3つです。

要素①:選手とエンジンの相性
要素②:まくり差しを決めやすい水面
要素③:まくり差しが決まりやすい競艇場

要素を把握することでまくり差しの予想ができるようになります。早速要素①から見ていきましょう。

要素①:選手とエンジンの相性

最初に紹介するまくり差しで勝つために知っておくべき要素は、選手とエンジンの相性です。まくり差しを決めるには他の選手よりも先に走っていることが絶対条件なので、他の選手よりも強いモーターでなければいけません。

しかし、まくり差しにはモーターの性能だけでなく、スピードを維持したまま回ることができる技術力も必要になってきます。そのためモーターが高性能で選手と相性が良くなければまくり差しを狙うことはできません。

予想する際は、選手とモーターを照らし合わせながら確認していきましょう

また下記記事では無料で選手とモーターの情報を獲得できる競艇日和について詳しく紹介しています。選手とモーターの情報を集める際はぜひ参考にして見てください。
参考記事:【一攫千金】競艇日和3つの基本的な使い方を画像付きで徹底解説

要素②:まくり差しを決めやすい水面

次に紹介する要素は、まくり差しを決めやすい水面です。まくり差しの決まりやすさは水面も大きく影響しています。まくりさしはスピードに乗った状態でターンを決める必要があります。

そのため波が高い水面ではなかなか決めることができません。逆に波がたっていない穏やかな水面であればまくり差しが決めやすくなります。選手やモーターだけでなく、当日の水面にまで注目して予想してみしょう

要素③:まくり差しが決まりやすい競艇場

最後に紹介する要素はまくり差しが決まりやすい競艇場です。水面が緩やかだったり、コースが広く取られているとまくり差しが決めやすくなります。

まくり差しが決まるということはアウトコースの艇が上位になるため、舟券のオッズが高くなる傾向にあります。一発逆転を狙いたい人は以下の競艇場がおすすめです。

浜名湖競艇場
全競艇場で1番まくり差しが起こるのが浜名湖競艇場です。浜名湖競艇場は水面が緩やかで、1マークのバックが126メートルと広くなっているためまくり差しが起きやすくなっています。

常滑競艇場
常滑競艇場は海水ですが、外と完全に区切られているため、潮の影響がありません。そのためターンがしやすくまくり差しがしやすい環境になっています。

児島競艇場
児島競艇場は海水で潮の影響を大きく受けてしまいます。そのため干潮になるとまくりやまくり差しが有利な水面になります。今は競艇場に行かずともネットで舟券を購入できるため、参考にしながらまくり差しを狙いましょう。

3:まくり差しには要注意?気を付けるべきポイント

まくり差しには要注意?気を付けるべきポイント

まくり差しは、ほぼほぼ決着がつく必殺技となっているため当てることができれば競艇に勝つことができます。ですが気を付けるべきポイントが1つあります。

それは決まり手の中でまくり差しが1番難しいということです。決まり手という特定の状況が揃わなければいけない中、まくり差しは決まり手の「まくり」を行ったうえで「差し」を行わなければいけません。そのためまくり差しは決まり手の中で1番難しいと言われています。

まくり差しを狙うことで高配当を獲得できますが、競艇をあまりしたことがないという人は1番起こりやすい決まり手「逃げ」を狙って予想してみましょう

4:マークしておくべき!まくり差しに強い本多宏和選手

マークしておくべき!まくり差しに強い本多宏和選手

まくり差しが起こることは非常に珍しく予想することが困難ですが、当てることができれば高配当を狙うことができます。競艇が好きな方は高配当を当ててみたいですよね。

そこで紹介しておきたい選手が本多宏和選手です。レースの勝率によって振り分けられる級別で最高ランクA1級で活動しています。A1級といえばエリートですが、本多宏和選手はその中でもまくり差し率脅威の15.7パーセントを誇っています

実力がある選手しかいないA1で起こすのが難しいまくり差しを行っている選手は他にいません。他のA1級選手のまくり差し率を平均したところ、7.8%でした。まくり差しで高配当を狙いたい場合は、まくり差しでトップの成績を持つ本多宏和選手をチェックしてみましょう

まとめ

本記事では決まり手の1つまくり差しについて詳しく紹介していきました。まくり差しは高配当を狙えるとても魅力的な決まり手ですが、選手・モーター・環境わなければ当てるのが難しいです。

そのため安定してお金を増やしたい人には不向きと言えます。お金を安定して稼ぎたい人は、下記記事の勝率が高い舟券を紹介している競艇予想サイトをぜひご覧ください
参考記事:本当に当たる優良競艇予想サイトおすすめランキング


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!