競艇で舟券が返還となる条件とは | 妨害失格・不良航法時の返金の仕組みを解説

競艇で舟券が返還となる条件
競艇基礎情報/攻略法

競艇では、アクシデント等でレースが正常に行われなかった場合に舟券代が返還される場合があります。

簡単に言えば「賭けた分のお金が全て返ってくる」ということです。

返金(返還欠場)となるケースはいくつかありますが、購入した舟券の番号の選手が何らかの理由(スタート事故等)で失格となり、レース不参加状態、レース不成立状態になってしまった場合に、その舟券に賭けていたお金が払い戻しになるというわけです。

この記事では、競艇の返還ルールはどういったものがあるのか、返還時の払い戻しの手続きの行い方を紹介していきます。

▼今日の予想を無料公開中!競艇予想サイト5選▼

横並びランキング
ランキング1

グランドライン

グランドライン

《的中実績》

7/16(火)
尼崎2R⇒尼崎3R
677,400円的中!

《登録特典》

2万円分のポイント

ランキング2

ビッグボート

ビッグボート

《的中実績》

7/16(火)
常滑5R→常滑6R
803,600円的中!

《登録特典》

1万5,000円分のポイント

ランキング3

STRONG

STRONG

《的中実績》

7/14(日)
宮島7R→平和島6R
546,220円的中!

《登録特典》

最大10万円分のポイント

ランキング4

ギャラクシー

ギャラクシー

《的中実績》

7/16(火)
児島6R⇒芦屋12R
428,480円的中!

《登録特典》

最大10万円分のポイント

ランキング5

競艇ホットライン

競艇ホットライン

《的中実績》

7/15(月)
若松2R⇒若松4R
465,120円的中!

《登録特典》

2万円分のポイント

監修者
この記事の監修者
後藤孝男
競艇予想サイトNAVI 運営責任者【北村 功平】
1978年 2月11日生まれ。一橋大学卒業。大学時代から競艇にハマり、そのまま好きが高じて某スポーツ新聞社に入社。競艇をはじめ、競馬や競輪関連の記事を長らく担当。生粋の競艇好きで、休みの日もビールを片手に全国の競艇場に姿を表す。競艇を愛して22年、彼以上の競艇知識を持つ人間にはほとんど出会えない。競艇予想サイトNAVIでは全体監修を担う大黒柱。

【初心者でも分かる】競艇で舟券が返還となる5つのケース

払い戻しが発生するケース

冒頭で説明していますが、競艇ではスタート事故時に返還対象となります。

返還欠場となるパターンは大きく分けて3種類があり、この中で一番発生しやすいのがフライングです。

競艇のフライングの仕組みについてあまりよく知らない方は以下の記事で詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

>>【競艇】フライングの正しい基準!わかりやすく解説+図付き

スタート時のフライングによる払い戻し

スタート時のフライング

競艇においては最も重要とされるスタートは、常にフライングと戦うギリギリのラインを攻めるわけですが、選手がフライングをおかしてしまった場合は返還欠場、払い戻し対象となります。

仮に1号艇の選手に投票していた場合、1番に絡んでいる舟券の全てが返還対象になるということです。

逆に言えば、フライングした1番以外の舟券は返還対象とはなりませんので、ご注意ください。

フライングは競艇を楽しむ上で避けては通れないハプニングではありますが、競艇予想サイト「グランドライン」を活用することで、選手のフライング傾向なども考慮した勝ちやすい舟券購入が可能となります。

無料登録で2万円分の有料情報が見れるので、ボートレースを始めたばかりの方にもおすすめ。

登録無料!
今なら2万円分のポイントがもらえる

GRANDLINE(グランドライン)
公式サイトに行く

全艇フライングでレース不成立による総払い戻し

フライングは、該当の舟券を持っている人達には払い戻しがされるわけですが、出場選手全員がフライングなんて場合も存在します。

当然レースが不成立となり、全員が払い戻し対象となり舟券代が返還となります。

スタート時の出遅れによる払い戻し

スタート時の出遅れ

スタート時にはフライングとは逆に出遅れが発生することもあります。これも同様に返還対象となります。

出遅れが発生する場合はフライングに比べると圧倒的に少ない為、返還対象になる事を知らないと返金を受けられないので注意が必要です。

全艇出遅れでレース中止による総払い戻し

フライングよりも更に珍しい全ての出場選手が出遅れになり、全ての舟券が返還になる、なんて場合もあります。

全艇出遅れの場合はすさまじい向かい風により発生するケーズが多いです。

その他の失格時に発生する払い戻し

フライング、出遅れともう一つ返還対象になるのが、出走表に名前があるのに、実際のレースには出走しなかったケースです。

そもそもレースに出場していないのですから、これに賭けた人たちが返金を受けられないというのは普通に考えたらおかしな話ですよね。

なのでこの場合も返還欠場となり払い戻しが発生します。

【要注意】競艇で返還対象とならない2つのケース

レースの不成立により、返還対象となり払い戻しを受けられるパターンについてはよく理解いただけたかと思います。

では、逆に失格してしまったのにも関わらず、払い戻し(返還欠場)とならない場合というのはどういうケースなのでしょうか?

ケース①:妨害失格・不良航走・待機行動違反の場合

競艇 払い戻し

競艇選手にとっては痛手となる減点行為の数々は、レースの着順結果が反映されなくなってしまう事はあっても、舟券の返還欠場扱いにはなりません。

当然この場合の購入舟券は返還対象とはなりませんし、着順が与えられない事から結果的にハズレになってしまいます。

ケース②:レース中に選手が転覆した場合

不良航走、待機行動違反や妨害失格

フライングや出遅れをせず、レースに参加が出来たものの、ターンの際に転覆してしまうなんて場合があります。

この場合は失格ではあるものの、レースには参加しているということから、返還欠場とはなりません
つまり、払い戻しにはならないので、買った舟券はその瞬間にハズレになってしまいます。

特殊なパターンのより返還対象となる3つのケース

特殊なパターン

さて、前項で触れている様に競艇で払い戻しが発生しないケースの失格類ですが、実は複合的に返還対象となり払い戻しが発生するという特殊な場合があります。

ですが、レースが正常にスタートした後でも条件が揃えば、払い戻しが発生するケースが2つあります。

スタート後に6艇中5艇が失格となった場合

特殊なケースの1つ目は6艇中5艇以上が失格となってしまった場合です。

この場合は、レース自体が不成立ということになり購入していた全ての舟券が返還対象となります。

着順が出るまで結果は分からないため、購入した舟券は最後まで手に持っておきましょう!

スタート後に6艇中4艇が失格となった場合

スタート後に6艇中4艇が失格となってしまった場合にも返還対象となります。

この場合、「3連複」「3連単」の買い方がそもそも不成立となるので、こちらも払い戻しとなります。

レース自体が中止になってしまった場合

それ以外にも天候状況によって、レース自体が中止になってしまった時や、ナイターレースで照明が故障してしまった時なども返還対象となります。

このケースの場合、レース自体が不成立となりますので、舟券の払い戻しが発生します。

忘れると大損!舟券が返還となった時の対応について

舟券の払い戻しの仕方

オンラインで舟券を購入している場合には、特に何もせずに自動的に返金が該当口座にされます

競艇場で実際に舟券を購入した場合には、自動発払機(舟券を購入したり、払い戻しをしたりする機械)に入れる事で購入金額が返還されます。

しかし、実際に舟券を購入した場合の払い戻しの有効期限は該当レースが開催された日の翌日を起算日として、60日間の期限が設けられています。

期限が過ぎてしまうと払い戻しを受ける事が出来なくなりますので、必ず忘れずに払い戻しをするようにしましょう。

過去最大の返還総額は総額24億3513万3800円

いくらグレードが高く、その分のペナルティが大きいとは言え、ボートレーサー達はフライングを恐れていては大一番で勝つことは出来ないですよね。

勇猛果敢に攻めた結果、SGでフライングとなってしまったケースで最も返還金額が大きかったのが、2002年のグランドチャンピオン決定戦の優勝戦で熊谷直樹選手と西島義則選手がフライングした際の払い戻しで、総額24億3513万3800円にものぼりました。

まとめ

競艇で舟券が返還となった際に最も気をつけたいのが、本当は払い戻しを受けられるのに勘違いして舟券を捨ててしまった場合です。

競艇場にいる場合には、必ずアナウンスで返還欠場についてお知らせが来ますが、万全を喫すのであれば、全ての舟券を捨てたりせず、最後に全部の舟券を自動発払機入れてみるようにすれば払い戻し漏れにはならないので必ず忘れないように心がけましょう。

またフライングや妨害失格を完全に予期した舟券購入はほぼ不可能です。

しかし「競艇予想サイト」では、今節の成績から選手の傾向を考慮された買い目情報を見ることができます。

予想サイトを活用することで、競艇での稼ぎやすさは大きく変わってくるので利用してみるのも1つの手。

またグランドラインを含む、競艇予想サイトのおすすめランキングについては下記からご確認ください。

おすすめの競艇予想サイトランキング

おすすめの競艇予想サイトをランキングトップ順に紹介していきます。

■おすすめ①:グランドライン

グランドライン
グランドラインは、当メディアが実際に調査した70レース中61レース的中、三連単の的中率は87.2%と驚きの結果に。 これまで当メディアが検証を行なってきた競艇予想サイトの中でもトップクラスの実績を誇り、堂々の1位にランクイン! 無料予想の回収率も300%を超え、正に全員に一度は使ってほしい競艇予想サイトだと断言できます。
口コミ
江戸川競艇のコロガシで100万円!関東特選は400ptと安いのにこの回収率はエグい。
口コミ
安価なスタートトライでお世話になりました。的中率が本当に高いから回収金額も200万円以上あるんじゃないかな?自分が競艇を引退するまで一生使います!
最新の的中情報
日程 2024年7月16日
レース名 尼崎2R⇒尼崎3R
舟券 3連単
的中プラン 関西特選
的中金額 677,400円
7/15までの総的中率 94.6%

■おすすめ②:ビッグボート

ビッグボート
ビッグボートは、当メディアが実際に調査した25レース中22レース的中、三連単の的中率は86.8%と驚きの結果に。 2024年夏にリリースされたばかりの予想サイトではありますが、利用者が急増中。 無料予想の回収率も280%を超え、確かな実績を着実に積んでいる今最も熱い競艇予想サイトです。
口コミ
お試感覚でビギナー向けプラン買ってみたらマジで当たった!正直信用してなかったけどこれは超優良サイトだろ。
口コミ
有料情報の回収率の高さもそうですが、毎日公開される無料予想でも十分に稼げる。外れるときもあるけど総合的に見ればかなりプラス収支。
最新の的中情報
日程 2024年7月16日
レース名 常滑5R⇒常滑6R
舟券 3連単コロガシ
的中プラン 東海地区限定情報
的中金額 803,600円
7/15までの総的中率 93.3%

■おすすめ③:STRONG

STRONG
STRONGは利益獲得と無料予想の的中の評価が高い競艇予想サイトです。 特に無料情報の精度はピカイチ! 他のサイトと比較しても的中率は極めて高く、回収率にも自信あり。 『良い無料予想が貰える』サイトをお探しの方はSTRONGがおすすめ!
口コミ
STRONGの無料予想は1日4回も提供されるのがありがたい。正直無料に期待はしていませんでしたが、STRONGは評判通り結果で答えてくれました。大満足のサイトです。
口コミ
無料予想だけで1週間の的中金額が4万円超えることも日常茶飯事。たまに無料予想で参加するだけでこれだけ稼げるサイトってなかなかないんじゃないですか?
最新の的中情報
日程 2024年7月14日
レース名 宮島7R⇒平和島6R
舟券 3連単単発
的中プラン プラチナプラン
的中金額 546,220円
7/14までの総的中率 90.6%
競艇予想サイトNAVI | 本物の競艇予想サイト おすすめランキング
稼げる競艇予想サイトNo.1
「グランドライン」
詳しくはコチラ
稼げる競艇予想サイトNo.1
「グランドライン」
詳しくはコチラ