競艇で同着だった場合はどうなる?判定方法や過去の事例を紹介!

競艇 同着

みなさんは、競艇の同着について詳しく知っていますか?

競艇とは、6艇のボートが水上でレースを繰り広げ、その着順を予想する公営ギャンブルのことをいいます。

競艇では、舟券という着順の予想が記載された投票券を購入する仕組みになっており、舟券には全部で7種類あり、それぞれ予想の仕方が異なります。

自分の購入した舟券の買い目と、実際に行なわれたレースの結果が見事一致していれば予想は的中となり、見事配当金を手にすることができます。

単勝や3連単など、購入した舟券により、予想する艇の数や着順は異なりますが、自分が選んだ艇と組み合わせが的中すれば当たりとなります。

しかし、ごく稀に起こる事例として、2艇以上のボートが同時にゴールラインを通過するという事が起こるのです。

そんなとき、もし自分が購入した舟券の組み合わせに、同時にゴールした艇が含まれていた場合はどうなるのでしょうか。

この疑問は、競艇初心者の人はもちろん、長年競艇予想を楽しんでいる競艇ファンの人でもわからないといった人が多い問題です。

そこで本記事では、競艇で起こる同着の疑問について、競艇の同着となった場合はどうなるのか、ゴールはどのように判断しているのかについてや、競艇以外の公営ギャンブルでは同着の判断はどのようにしているのかなどについて詳しく紹介していきます。

競艇の同着について気になっているという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

競艇で同着になった場合について詳しく解説!

競艇 同着

はじめに、競艇で同着になった場合について詳しく解説していきます。

競艇で同着になった場合にはどうなるのかについて気になっている人は、ぜひチェックしてみてください。

競艇の同着とは

競艇の同着とは、言葉通り2艇以上のボートが全く同時にゴールラインを通過することを指します。

競艇では、水面をおよそ時速80kmで走るとてもスピーディーなレースとなりますが、稀に2艇以上が同時にゴールするという事例が起こります。

「同着なんて、ほとんど起こらないのでは?」と思う人もいるかと思いますが、実は意外と頻発する事例なのです。

以下では、同着となった場合の判定や、そもそもどのような基準でゴール判定をしているのかについて解説していきます。

結論:同着となった場合はどちらも的中となる

競艇の同着について気になっている人が1番知りたいと思っている、同着となった場合の当たり、払い戻しはどのようになるのかについて解説します。

結論から先に申し上げると、競艇では同時に2艇以上のボートがゴールした場合、どちらもその着順でゴールしたというふうにみなされます。

例えば、とある競艇場で行なわれたレースにて、1着・2着が1号艇と2号艇でゴールし、3着に3号艇と4号艇がゴールしたとします。

その場合、予想的中の組み合わせは『1-2-3』と『1-2-4』となり、3着の着順や艇が絡む舟券を購入していた人で、3号艇または4号艇が3着に入ると予想していた人の舟券は、どちらも予想的中となります。

仮に、このレースにて1着が1号艇と2号艇で同着となり、3号艇が3着でゴールした場合には『1-2-3』と『1-3-2』のどちらも予想的中となります。

また、複勝や拡連複、2連複や3連複といった、着順まで予想する必要のない舟券を購入していた場合については、自分の購入した舟券の組み合わせに同着の艇が絡んでいたとしても、あまり関係はありません。

このように、同着となる艇がどの着順であっても、そして購入した舟券がどの組み合わせの舟券であっても、同着であればどちらも予想は的中となり、複数の勝ちの組み合わせが出るということになります。

以下では、同着になると組み合わせが複雑になる3連単について詳しく紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

競艇の3連単は稼げる!稼ぐためのコツを5つ紹介!

最終判断はスリット写真で行なう

全国の24ヶ所の競艇場には、どこの競艇場も共通して審判が合計で6人配置されています。

コーナー審判と呼ばれている第一・第二審判員が2人コースに配置され、その他の4人は別室で判断を行ないます。

別室でジャッジをしている中央審判委員によってスタートやゴールの最終判断をしており、基本的には人間の肉眼にてレースを捌きます。

しかし、審判も1人の人間です。

人間の肉眼にも限界というものがあり、審判員では判断のつかないケースも多々あります。

そのような時には、スリット写真と呼ばれる、画像による判定を行ないます。

スリット写真では、タイマーによって30秒間自動で撮影する事のできるカメラ機能を用いて撮影した写真のことで、審判の肉眼でジャッジが出来ないといった場合に、このスリット写真を用いて判断をします。

スリット写真を用いることで、多くのレースの着順を公平に判断することができますが、中にはスリット写真を用いても判断がつかないものもあります。

それらが全て同着として扱われ、レース結果として確定するのです。

つまり、まずは人間の肉眼によってチェックされ、それでも判断が難しい場合にスリット写真を用い、それでも同着だと判断されたものだけが同着として記録に残るということになります。

過去の競艇での同着になった事例を紹介

競艇 同着

次に、過去に行なわれたレースで実際に起こった同着の例を紹介していきます。

「同着なんてめったに起こらないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実は意外と多いという事実があります。

過去のレースでどのような時に同着のレースが起こっているのか知りたいという人は、ぜひチェックしてみてください。

2021年に起こった同着のレース

以下のレースは、2021年に全国の競艇場で行なわれたレースのうち、1〜6号艇のどれかの艇とどれかの艇が同着のフィニッシュとなったレースの一部です。

月日 競艇場 グレード レース レース名 結果 的中の組み合わせ
1/26 唐津競艇場 G1 3R 一般戦 3着同着 ・1-4-3

・1-4-6

2/11 鳴門競艇場 一般 5R 予選 3着同着 ・1-3-2

・1-3-6

4/4 三国競艇場 一般 10R 予選特賞 3着同着 ・4-6-1

・4-6-3

4/14 津競艇場 G1 3R 予選 4着同着 ・1-5-2
5/18 戸田競艇場 一般 12R 優勝戦 4着同着 ・1-2-4
6/14 住之江競艇場 G3 1R 予選 2着同着 ・4-3-6

・4-6-3

7/30 尼崎競艇場 G2 2R 予選 3着同着 ・1-2-3

・1-2-6

10/9 芦屋競艇場 一般 12R 予選特選 4着同着 ・1-4-5
11/22 蒲郡競艇場 一般 6R 一般戦 2着同着 ・3-1-2

・3-2-1

上記が過去のレースの中の全ての同着のレースなわけではなく、これら以外にも同着となったレースはいくつか存在しています。

上記を見ていただければわかる通り、同着となるレースでは、3着または4着で同着となることが多く、1着が同着となるレースは非常に稀です。

現に、1着が同着となったレースは、2021年には発生していません。

2着が同着となったレースも、2021年11月22日に蒲郡競艇場で行なわれたレースによる1度のみで、それ以外は全て3着以降の同着のレースとなっています。

そのため、単勝、複勝、2連単、2連複では、同着によって複数の当たりの買い目がでるということは、非常に珍しいという事がわかります。

以下では、全国の競艇場について詳しく紹介しているので、気になる人はぜひチェックしみてください。

競艇場一覧!全国24ヶ所のアクセス・特徴とおすすめ場所3ヶ所を紹介

競艇以外の公営ギャンブルでの同着について解説

競艇 同着

次に、競艇以外の公営ギャンブルでは同着のレースになった場合、組み合わせや払い戻し金はどのようになるのかについて紹介していきます。

競艇以外の公営ギャンブルの同着の判断について気になるという人は、ぜひチェックしてみてください。

以下の記事では、競艇と競馬の比較について解説しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

競艇と競馬で初心者でも勝てるのはどっち?5つの項目で徹底比較!

競馬の同着のレース

最も有名で人気のある公営ギャンブルとして挙げられるのが、競馬です。

競馬では、競艇ほど同着のレースが頻発するわけではありませんが、それでもごく稀に同着のレースが発生します。

競馬では、1〜3着のどの馬が同着になったのかで対応の仕方が変わるため、1つずつ解説していきます。

1着が同着だった場合

1着が同着だった場合、いずれか1頭の馬を1着、いずれか1頭の馬を2着、及びいずれか1頭の馬を3着とみなす、とJRAの公式Webサイトに記載されています。

例えるならば、とあるレースで10番、11番の馬が1着で同着だったと仮定します。

単勝の場合は、10・11ともに1着とみなされ的中となります。

馬連の場合は10-11が的中となり、馬単の場合ですと10-11、11-10の2種類の当たりの組み合わせができるということになります。

2着が同着だった場合

2着が同着だった場合、いずれか1頭の馬を2着、及びいずれか1頭の馬を3着とみなします。

例えるならば、1着が10番、2着が15番、16番で同着だったと仮定します。

すると、単勝の場合は10で変わらないのですが、馬連が10-15、10-16の2種類の組み合わせが発生し、馬単に関しても同じ組み合わせとなります。

3連単の場合は110-15-16、10-16-15の2種類の組み合わせが両方とも的中となります。

3着が同着となった場合

3着が同着だった場合、いずれか頭の馬を3着とみなします。

例えとしては、1着が10番、2着が11番、3着に15番、16番が同着だったと仮定します。

単勝、馬連、馬単の場合は2着までの着順しか関係がないため変更はなく、3連単の場合は10-11-15、10-11-16の2種類の組み合わせが発生するということになります。

このように、競馬でも競艇と同様、同着になる事で的中の組み合わせが増えるという認識であるということがいえるでしょう。

まとめ

競艇の同着となった場合はどうなるのか、ゴールはどのように判断しているのかについてや、競艇以外の公営ギャンブルでは同着の判断はどのようにしているのかなどについて詳しく紹介しました。

同着となるレースが発生する頻度は、可能性としては低いものの、全く起こらないとも言えず、むしろ想像よりも多く発生するのではないでしょうか。

競艇で同着が発生した場合は、当たりの組み合わせが複数発生することになり、どちらも予想は的中となるということを覚えておきましょう。

競艇の同着について気になっているという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!