競艇予想アプリ「直前予想ドットコム」の3つの特徴や口コミ評価をまとめて紹介!

直前予想ドットコム

競艇予想アプリの「直前予想ドットコム」を調査しました。

天候や風向きなどでレース展開が大きく変わる競技なので、とくに競艇は直前情報が重要な競技です。多くの競艇予想アプリでは前日やレース数時間前に出走表などを見ながら予想を組み立てていきますが、こちらのアプリでは直前予想が配信されています。

競艇場にいる方であれば風向きや天候を考慮しながら予想を組み立てられますが、自宅にいる方であればそれはできません。直前情報を駆使しながら予想できるこちらのアプリでは、有益な予想を参考にできるはずです。

この記事では競艇予想アプリ「直前予想ドットコム」のコンテンツ、料金プラン、特徴、口コミをまとめて紹介していきます。予想アプリを利用したい方はぜひ参考にしてみてください!


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

「直前予想ドットコム」のコンテンツ

直前予想ドットコムのコンテンツ

競艇予想アプリ「直前予想ドットコム」で提供されているコンテンツは直前予想です。

直前予想の魅力は戦績や予想とは異なる直前の情報が加わることで精度が上がる点。こちらのアプリでは全国のチケットショップでも展開されている直前情報が配信されています。

直前情報により加わる情報は以下の通りです。

  • 水面の状態
  • 風向き
  • 天候
  • 部品交換の状況

直前情報以外の予想では選手の過去の戦績などを参考にしていきますが、直前情報では上記の情報も加えられているため、より精度が高くなります。

ちなみに、部品交換状況などの不確定要素は直前にならなければわかりません。

たとえば、どれだけ勝率が高い選手が1号艇にいたとしても、部品交換の状況などを加味しなければまったく1着に絡めない展開になる可能性も否定できません。

「直前予想ドットコム」では精度の高い直前情報を駆使することで高い勝率を上げることが可能です。競艇予想の精度を上げたいと考えている方にはおすすめのアプリです!

ちなみに、配信されている予想は全会場ではありません。1日5から9場程度が配信されているレースとなりますので、事前にどのレースが配信されるかはチェックしておきましょう。

「直前予想ドットコム」の料金プラン

直前予想ドットコムの料金

競艇予想アプリの「直前予想ドットコム」は完全無料で利用できます。

最近の競艇予想アプリは無料でダウンロードできるもののすべてのコンテンツを利用するためには有料というケースが多いです。その点、「直前予想ドットコム」はすべてのコンテンツを完全に無料で利用できるため、費用をかけたくないと考えている方にはおすすめです。

しかし、この点に関しては不明なところがあります。

アプリの紹介項目のところには料金に関する記載がありませんが、無料ではないという口コミが多く投稿されていました。

  • おいおいおい、有料したのに開けない(笑)
  • お金払ったのに、結果は見れるのに予想が見れない!お金返して欲しい!詐欺じゃ!
  • 情報を買うのね

上記は料金に関する口コミの一部です。

ちなみに、無料で見られる予想もあるようです。しかし、中には有料で料金を支払わなければ見れない予想もあるとのこと。情報を買うとは知らなかったという口コミが多いです。

確かにこちらのアプリは紹介の項目では一切の料金に関する記載がありませんので、利用しようと考えている方は料金の支払いに関してはご注意ください。

「直前予想ドットコム」の3つの特徴

続いては、競艇予想アプリ「直前予想ドットコム」の特徴を紹介していきます。

最新の直前情報を閲覧できる

直前予想ドットコムの特徴

競艇予想アプリ「直前予想ドットコム」の最大の特徴は直前予想が見られる点です。

提供される買い目は2連単と3連単で、各艇の並びやカド位置、展示の評価もしっかりと記載されており、舟券購入の締め切り5~8分前に自動的に予想が提供される仕組みです。

「直前予想ドットコム」には常時5人のスタッフが在籍しています。それぞれ元専門紙記者、スポーツ紙記者などの競艇を知り尽くしている方で、それぞれが気になる短評なども紹介してくれていますので予想の買い目を簡単に見つけることができます。

展示の評価は×から◎と見やすくなっているため、直前予想でどの艇が強いのかを見極められるのは大きな強みであるといえます。

フェイスブックで競艇情報を入手できる

直前予想ドットコムのFacebook

「直前予想ドットコム」はアプリだけではなくフィスブックでも情報を発信しています。

このフェイスブックでの情報がとても有益で参考になりますので、利用している方はぜひご覧になってみてください。投稿されている内容はレースの展望です。

たとえば、とある日の投稿では以下のような内容が発信されています。

24日に行われる準優勝戦は10レースの1号艇が渡邊。今シリーズはフライング持ちで、休みも残っている状況だが、スタートは安定。機力にも問題は無く自身3度目の優出を狙う。2号艇の滝川真由子も行き足が良く、整備で上昇しているのは4号艇の魚谷香織だ。11レースは赤澤が1枠で、こちらは伸びが目立っている。インから先に回ればバックストレッチで後ろを引き離す力がありそうだ。喜井つかさの舟足も良く2号艇から逆転を狙う。伸びならば4号艇の野田祥子も負けていない。12レースは土屋がスタートを決めて逃走。ここは2号艇の犬童千秋の舟足も良く、内枠2選手の争いになりそうだ。

アプリで直前情報やスタッフの短評を見られるだけではなく、Facebookをチェックしておけばスタッフの方の展望を閲覧できるのはとても参考になります。

フェイスブックで投稿されているのは注目レースと選手です。注目選手に絞りながらレース予想をしていきたい方は十分に参考にできるはずです。

締め切りアラートが便利

「直前予想ドットコム」には便利な締め切りアラート機能がついています。

こちらの機能は電話投票と場外締め切り時刻と連動しているため、アラートを設置しておけば自分が賭けようと思っているレースを見過ごすことがありません。

「直前予想ドットコム」は舟券の締め切り5分前までには予想が投稿されていますので、アラートを用意しておけば投票のし忘れを防止できます!

注意点としては締め切り時刻アラートはあくまでも目安として考える必要がある点。正確な時刻に関してはテレポートが公開している締め切り時刻を参照にしてほしいと注意喚起が出ていますので、アラートを設定しながら自分でも時計を見て締め切りを確認しましょう。

「直前予想ドットコム」の口コミ

直前予想ドットコムの口コミ

最後に、実際に「直前予想ドットコム」を使っている人の口コミを紹介していきます。

良い口コミ

「直前予想ドットコム」の良い口コミは以下の通りです。

  • 予想も当たりますが、競艇日記がためになります
  • 野田の予想はいいね
  • 分かりやすく使いやすいです
  • インターフェースが見やすくて情報が見やすくていい
  • 予想もさることながら、読み物も充実していて飽きません
  • ボートレース初心者の私でも、分かりやすい説明がされてあると思います

とくに多かったいい口コミは見やすくて参考になる点です。

直前予想という特徴はもちろんですが、それ以外にも基本的なコラムのような読み物も充実しているアプリなので参考になるとの声が多くありました。

ユーザーインターフェイスもシンプルで使いやすく、とくに野田という方の予想が良いという意見を多く見られました。

前述したように「直前予想ドットコム」には常時5人のスタッフが予想をしています。中には精度が低い予想家もいるみたいですが、口コミで話題になっている野田さんの予想はぜひチェックしてみてください。

悪い口コミ

「直前予想ドットコム」の悪い口コミは以下の通りです。

  • 記事のチェックをしてないです。酷いミス!
  • 当たらない
  • 2連単、あれだけ買えばそりゃ当たると思ったが、予想当たりません!
  • こんだけ買い目あったら予想もくそもないわ!しかも当たらん 一生みない
  • こんな予想でいいなら誰でも出来るんじゃ

悪い口コミで多かったのはとにかく精度が低くて悪いという点です。

とくに指摘されている悪い口コミは「買い目が多すぎる」というところ。他にも記事の精度が悪くてチェックをしていないと思われる箇所があるところも指摘されています。

さらに、上記でも説明した通り無料だと思って使っていたら有料だったという点も悪い口コミとして挙げられていました。

買い目が多すぎるとの意見がありますので、予想アプリを見ながら自分自身で予想の買い目を絞っていくという使い方をおすすめします!

「直前予想ドットコム」の評価

競艇予想アプリの「直前予想ドットコム」は直前予想を見られる予想アプリです。

シンプルな作りになっていて天候や風向きなどの直前予想を見られるアプリということで有益な情報を得られることは間違いありませんが、有料コンテンツがある点や精度が低いという悪い口コミが多くあるのも事実です。

結論としては、「直前予想ドットコム」は使う人を選ぶアプリといえます。

直前情報を把握しながら予想を展開していきたいという上級者の方であれば、自分の予想と組み合わせて有益に使えるでしょう。しかし、全くの初心者の方で直前情報だけを参考にして予想をする方は危険かもしれません。

くれぐれもすべての情報を参考にするのではなく、予想ファクターの足しにする程度に考えておけば便利に使えるはずです!

ちなみに「直前予想ドットコム」では直前予想だけではなくコラムなどの読み物も充実していますので、ぜひそちらも注目してご覧になってみてください。