競艇初心者必見!三連単のメリット・デメリットと勝つための3つのポイントを紹介!

競艇 初心者 三連単

競艇で勝つためには三連単を当てなければいけません。

同じ公営ギャンブルである競馬は最大18頭が出走しているため、三連単でなくとも万馬券を的中させることは可能。しかし、競艇は競馬よりも少ない6艇で1号艇が有利という特性上、三連単以外の舟券はオッズが低いという特徴があります。

つまり、競艇で勝つためには三連単を当てなければいけないということ。三連単を当てるためにはメリットとデメリットを正確に把握しておき、勝つためのポイントを押さえる必要があります。

この記事では、競艇の初心者でもすぐに実践できる三連単の勝ち方を紹介していきます。競艇で勝てない初心者の方はもちろん、今まで競艇をしたことがない方も、ぜひ最後までご覧ください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

競艇の三連単とは

三連単とは

三連単とは、1着・2着・3着の艇をすべて順番通りに的中させる舟券です。

競艇においては最も当てるのが困難な舟券であると同時に、当てた時に得られる配当も最も大きいのがこの三連単です。つまり、当てるのは難しいが当てた時は大きい舟券であり、ハイリスクハイリターンな結果が得られるというわけです。

競艇で勝ちたいのであれば、的中率が高い単勝や二連単を狙うのではなく三連単を極めるのが最大の近道です。競艇で勝っている方のほとんどは三連単を購入しているため、三連単で当てられるようにならなければ競艇で安定して勝つことはできません。

的中確率

競艇の三連単は120通りあるため、的中確率はわずか「0.83%」です。

三連単の次に当てるのが難しいのは三連複ですが、その的中率は5%。次いで難しい二連単は6.66%なので、三連単だけ飛び抜けて的中率が低いことが数字からも見てわかります。

それもそのはずで、前述したように三連単は1着から3着までをすべて正確に当てる必要があります。

たとえば、三連単で選んだ艇が「1号艇」「2号艇」「4号艇」だとして、「1-2-4」という三連単を購入したとします。選んだ艇がすべて入賞したとしても、1着が2号艇だと外れです。

この場合、3連複であれば着順は問われませんので的中となります。そう考えると、三連単はいかに難しい舟券であるかがわかると思います。

まずは3着以内に入賞する艇を選び、さらにその着順まで予想しなければいけません。当てるのが最も難しいかわりに得られる配当も大きいため、多くのファンを魅了している舟券なのです。

平均配当

競艇の三連単の平均配当は「約7300円」です。

ちなみに競馬の三連単は約21万円なので、競馬と比較すると低く感じるかもしれません。しかし、競艇で三連単の次に平均配当が高い二連単は約1900円なので、競艇の中では飛び抜けて大きな配当であるということがわかるかと思います。

競艇は他の舟券とは比較にならないほど配当が高いです。そのため、競艇で勝ちたいと考えている多くの方が三連単を選択しているのです。

最高配当

競艇の三連単で過去に出た最高配当は「682,760円」です。

100円購入していたら約68万円になるという夢の舟券は、2011年5月22日の徳山2レースで出ました。結果は「4-5-2」ですが、1号艇がA1級の選手で堅い決着が予想されていたため、6号艇が1着ではないにも関わらず過去最高の配当となりました。

100円が数分で約70万円になるというのはギャンブルの醍醐味でもあります。もちろん競馬はそれ以上の三連単の結果が出た実績があるものの、競艇には6号艇で当てやすいというメリットがあります。

競艇初心者が三連単を選ぶ3つのメリット

三連単を選ぶメリット

ここからは、競艇の初心者が三連単を選ぶメリットを紹介していきます。

最も稼げる舟券

三連単の最大の魅力は最も稼げる舟券であるという点です。

前述したように、競艇における三連単の平均配当は約7300円。次いで高い二連単にも大きく差を広げているため、競艇で勝つためには三連単を当てないといけないといっても過言ではありません。

堅い決着でも1000円以上は出ることが多く、少しでも荒れれば1万円以上の万舟券になるケースも決して少なくありません。

万舟券になれば100円を賭けていて1万円以上の配当になります。

競馬に比べれば三連単を当てた時の配当は少ないですが、段違いに当てやすいという特徴が競艇の三連単にはあるため、初心者の方でも安心して舟券を買えるのではないでしょうか。

短期勝負ができる

短期勝負ができる点も三連単の大きなメリットです。

たとえば二連単や二連複といった当たりやすい舟券で競艇をしたとします。当然ですが三連単よりも的中率は高いので、1日レースをすれば数レースは当たる可能性があるでしょう。しかし、それらの舟券で勝つことができるかと言われればそれは難しいです。

なぜなら、競艇は三連単が最も回収率が高い舟券だからです。

回収率と的中率は大きく異なります。いくら的中率が高くても得られる配当が少なければ収益は低いため、勝っているとはいえません。三連単は1回のレースで数万円を稼ぐチャンスがあるため、短期的な勝負でも大きな勝ちを拾える可能性があります。

競艇の実力が養われる

冒頭でも説明した通り、三連単は競艇で勝つためには不可欠な舟券です。

1着から3着までの艇を順番通りに当てるのは困難ですが、勝つために不可欠な舟券であれば避けては通れません。三連単で当てるようにするためには三連単をひたすら購入して練習するしかありませんので、初心者にとっては競艇の実力を育てることができるといえます。

競艇の初心者の方はまず二連単から始めることもできますが、おすすめはいきなり三連単で勝負するという方法。もちろん点数は押さえながら、少ない買い目でどの艇が勝つかを見極める目を養うことを意識しながら競艇にチャレンジしてみてください。

競艇初心者が三連単を選ぶ2つのデメリット

三連単を選ぶデメリット

続いては、競艇の初心者が三連単を選ぶデメリットを紹介していきます。

的中率が低いので当てるのが困難

最大のデメリットは当てるのが難しい点です。

とくに競艇の初心者はどの艇が勝つかを高い精度で見極めることができません。競艇は勝てなくても当たれば嬉しいものなので、いきなり三連単ばかり購入していると全く当たりませんので、競艇本来の当てるという楽しさを感じられなくなります。

競艇は勝つことはもちろん重要ですが、それと同じ位に重要なのが当てることです。

前述したように競艇においては三連単が最も当てるのが難しい舟券なので、的中率が低いという点をデメリットとする初心者の方は多くいます。

点数が多くなりやすいため資金が必要

点数が多くなる点もデメリットとして挙げられます。

三連単はよくボックス買いという方法で購入されます。ボックス買いとは、選んだ艇のすべての買い目を購入する方法ですが、三連単の場合はひとつ艇を増やすだけで点数が急激に増えます。

たとえば、3艇を選んだ三連単ボックスの買い目は6点のみですが、1艇だけ増やして4艇の三連単ボックスにすると買い目は24点になります。

24点になると1点あたり100円にしても1レースで2400円を賭けることになります。

競艇の三連単は平均配当が約7900円なので当てることができれば利益を得られる可能性は高いものの、外れた時のダメージも決して少なくはありません。このように、点数が多くなることである程度の軍資金が必要だというのはデメリットとして考えておきましょう。

競艇初心者が三連単で勝つ3つのポイント

三連単のポイント

最後に、競艇の初心者が三連単で勝つために押さえておくべきポイントを紹介していきます。

ボックスとフォーメーションを利用する

競艇の初心者はまず、三連単の買い方であるボックスとフォーメーションを覚えてください。

  • ボックス⇒選んだ艇のすべての買い目を購入する
  • フォーメーション⇒軸となる艇を決めてその他の着順を手広く購入する

ボックス買いは上記でも軽く説明した通り、選んだ艇のすべての買い目を購入するもの。思わぬ万舟券を拾えるメリットはあるものの、点数が多くなりすべての買い目を同じ金額で買うため、堅い決着になるとトリガミになるリスクが高いというデメリットがあります。

フォーメーションは軸となる艇を決めてから三連単で流す方法です。

たとえば、「1号艇」を軸にして三連単フォーメーションを購入したとします。次にするのは流す艇を決めることで、「2号艇」と「5号艇」を流すのであれば、買い目は以下の通りです。

  • 1-2-5
  • 1-5-2

他にも、1着を「1号艇」で2着を「2号艇」に固定して流す場合は、買い目は以下の通り。

  • 1-2-3
  • 1-2-4
  • 1-2-5
  • 1-2-6

このように、ボックスとフォーメーションでは買い方が大きく異なります。どちらも有用な買い方ではありますがそれぞれ違うメリットとデメリットがありますので、そのレースの状況に応じて使い分けられるようにしてください。

1着を固定できるレースを選ぶ

三連単を購入する初心者の多くは、1着がブレブレである場合が多いです。

競艇の三連単で勝つためには、まず1着を固定できなければ話になりません。深く考えなければいけないのは2着以降で、まずは1着を決めてから後は考えていきます。

そのためには、1着が固定できるレースを選ぶ審美眼が必要になります。

1着を固定できるレースの特徴は、1号艇にA1選手が乗っている、1号艇が勝ちやすい競艇場であること、外枠に有力選手がいないなどが挙げられます。

レースを見極めたうえで、1号艇が勝てるかどうかをまずは考えるようにしてください。

点数を8点以内にする

競艇の初心者が三連単を購入する場合は、点数を8点以内にするようにしてください。

8点以内にする理由は、1着を固定、2着を2艇で固定、3着を全艇で流すという方法が8点以内で収まるからです。

前述したようにまずは1着を固定します。その次に2着にくるであろう艇を2つ選びます。3着はどの艇がきてもいいように流しておけば、思わぬ艇がきた時に万舟券を拾える可能性もあります。

また、1レースあたり8点以内にしておけば購入金額も800円以内に納めることができるため、高い回収率を維持することも可能です。

まとめ

競艇の初心者が三連単を購入する際に気を付けるべきポイントを紹介していきました。

三連単は競艇で勝つためには不可欠な舟券です。しかし、的中率が低く当てるのが困難なので、競艇の初心者にはあまり推奨されていません。

まずは二連単で練習した後に三連単に挑戦する流れがおすすめですが、三連単で当てる術を鍛えるために三連単を買い続けるという手も有効です。

一度でも当たれば高い配当が期待できるため、三連単で勝てる実力は養いましょう。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!