競艇の転がしで稼げる買い方は?成功させる5つのポイントを紹介

競艇 転がし 買い方

競艇には、「転がし(コロガシ)」と呼ばれる舟券の買い方があります。

転がしは、成功させることができれば一気に多くの配当金を得られる買い方ですが、質の高い予想をしなければいけないため、上級者向けの方法だともいわれています。

そこで本記事では、転がしの基本的な仕組みと、成功させるためのポイントを詳しく解説していきます。競艇で稼ぎたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください!

競艇の「転がし」とは

競艇の転がしとは

マスターできれば競艇で大金を稼ぐことができる「転がし」とは、レースで得た払戻金を次のレースの舟券代として全額を賭けるという戦略のことです。

最初のレースで1,000円を賭けて払戻金が10,000円だった場合、次のレースではその10,000円を賭けて勝負します。

10,000円を賭けたレースで50,000円を勝ったら、また次のレースでその50,000円を全額賭けて勝負していくというのが転がしの仕組みです。

一見すると、ただ全額を賭け続けるだけの無謀なギャンブルのように感じてしまいますが、競艇は公営ギャンブルの中で最も当てやすい競技なので、転がしが戦略として通用します。

以下の項目では、転がしのメリットとデメリットを詳しく解説していきましょう。

競艇の転がし3つのメリット

競艇の転がしには3つのメリットがあります。

  • 回収率を上げやすくなる
  • オッズが低くても稼ぎやすい
  • 少ない軍資金で始められる

競艇は最大で6艇の出走なので、競馬や競輪に比べて的中確率が高いです。

長く競艇を楽しんでいる方であれば、当てること自体はさほど難しくはありません。しかし、競艇は当てやすい分オッズが低いので、1回あたりの配当金が少ないのです。

稼ぎが少ないという問題点を解決してくれるのが、「転がし」の大きなメリットです

転がしは、続ければ続ける程1点あたりの賭け金を大きくできます。

競艇の低いオッズで稼ごうと思ったら1点あたりの点数を大きくするしかありませんが、最初から多くの軍資金を用意できない場合は転がしで少しずつ大きくしていけばいいのです。

仮に1,000円でスタートしても、最初のレースで5倍の配当で5,000円、その次のレースで4倍の配当を得られれば20,000円と、次々に賭けられる額が増えていきます。

少ない軍資金で始めることができ、当て続ければ競艇のように少ないオッズの競技でも多くの配当を得られるというのが転がしのメリットです。

競艇の転がし3つのデメリット

転がしを行ううえで、忘れてはいけないデメリットは全部で3つです。

  • 1回の不的中で終了
  • 勝ち続けるとその分だけ負けた時のリスクが大きくなる
  • 辞め時を見極めるのが難しい

転がしの最大のデメリットは、1回の負けで全額を失ってしまうという点です。

普通の買い方であれば、前のレースで勝った30,000円のうち10,000円だけ使うというような使い分けができますが、転がしは全額を賭けていく方法なのでそれができません。

つまり、前のレースでどれだけ勝ち続けても、最後の1回で負けたらすべてが台無しです

このリスクはあまりにも大きく、さらに勝ち続けると賭けていく金額が大きくなるため、負けた時のリスクが最初よりも遥かに大きくなります。

大金を賭けると人は冷静な判断ができにくくなりますので、本来であれば買えたはずの買い目を選べなくなってしまったり、逃げ腰の選択をしてしまいがちです。

転がしをして大金を稼ぐと決めたのであれば、確固たる予想の軸と揺るがないメンタルが必要になります。

競艇の転がしを成功させる買い方を5つのポイントで紹介

競艇の転がしを成功させる5つのポイント

ここからは、競艇の転がしを成功させるために押さえておくべき買い方のポイントを5つの項目にわけて紹介していきます。

結論からいうと、以下で紹介するポイントを押さえていなければ、どれだけ予想に自信がある方でも転がしで稼ぐことはできません。

必ず押さえておくべき必須の知識なので、転がしをしたいと考えている方はぜひ活用してください。

2連複の1点買いがおすすめ

競艇には7種類の券種がありますが、転がしで稼ぐ場合は「2連複1点買い」がおすすめです。

安定して転がしを使い回収率を維持するためには、まずはスタート金額や賭け方を統一しておかなければいけません。

競馬の場合は当たりやすい複勝が転がしで選ばれますが、競艇は競馬とは違い最大でも6艇しか出走しませんので、複勝ではオッズが低すぎて効果が低いです。

そのため、的中率と配当金のバランスがいい2連複が競艇の転がしにはおすすめです。

2連複は1着と2着を順不同で当てる舟券なので、少々競艇に詳しい方であればそこまで難易度が高い舟券ではありません。

すべての買い目を合計しても15通りしかなく、1点買いであれば的中した際に100%プラスの収入になりますので、2連複1点買いで転がしを始めるようにしてください。

2連複を含む舟券の種類は以下の記事ですべて解説しています。

競艇の舟券別当たる確率一覧!競艇は的中しやすい?

必ず1,000円からスタートする

競艇の転がしは、必ず「1,000円」からスタートするようにしてください

もちろん転がしに決まった額はありませんので、100円からでもできることはできます。しかし、競艇は配当金が少ないため、100円を転がして勝利しても大きな利益を得られません。

たとえば、オッズ2.5倍の転がしを1,000円で3回成功させると払戻金は「15,000円」ですが、100円でスタートすると「1,500円」にしかなりません。

これだと見返りが小さすぎますので、ある程度の収益が見込める1,000円以上の賭け金からスタートすることをおすすめします。

ちなみに、お金に余裕がある方は1万円からスタートしてもいいのではないかと考える方もいるかもしれませんが、スタート金額が多ければいいということではありません。

競艇は賭け金が少ない買い目も多くあるため、2連複の1点だけに1万円も賭けてしまうと、それだけでオッズが低く変動する場合があります。

また、スタート時に1万円を賭けて勝ち続けると、最終的に1点賭けで数万円を賭けることになりますので、外れた時のリスクも大きくなり過ぎてしまいます。

もちろん、慣れてきたら1万円からスタートでも問題ありません。

しかし、最初の段階で慣れるまでは、1,000円からスタートした方が無難です。

舟券の買い方については以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【競艇】舟券の買い方はネット投票がおすすめ!5つのメリットと3つのデメリットを紹介

狙い目となるオッズは2~4倍

転がしを成功させるのであれば、2~4倍の堅い買い目を選び続けてください

払戻金を次のレースで全額賭け続けていくという方法なので、できるだけオッズは高い方がいいのではないかと考えてしまいがちですが、そうではありません。

競艇の転がしで何よりも重要なのは、荒れたレースを当てるのではなく、堅いレースをしっかりと連続で的中させていくことです。

そのため、堅く1号艇が勝つであろうレースを選別したうえで、その1号艇を含めた堅い買い目の1点賭けを続けていくというのがベストな方法です。

2連複で2倍から4倍の配当しかつかない買い目はガチガチの予想ですが、転がしを使いお金を増やしたいと考えているのであれば間違いない選択です。

堅いレースを間違いなく当てるためには、1号艇が勝ちやすい競艇場を選別する目利きも重要。

以下の記事では、1号艇が勝ちやすい競艇場を紹介していますので、詳しく把握しておきたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

競艇初心者は場所選びが重要!予想が当たりやすい競艇場おすすめ5選

最大で3回までと回数制限を設ける

競艇の転がしは、いつまでも延々と続けていい方法ではありません。

どれだけ勝ち続けても3回目でやめるという回数制限を設けておけば、道中で訪れるリスクが高い賭けも回避することができ、確実に勝った分を持ち帰ることができるようになります。

おすすめは3回目までですが、さらに確実に収支を持ち帰りたいのであれば2回目でストップしても問題ありません。

2回目で転がしをやめると決めているのであれば、スタート時の金額を1,000円よりも増やしておけば、2回の転がしだけでも十分に多くの利益を手に入れられます。

重要なのは、勝っているからといってダラダラ続けるのではなく、きちんと回数制限を設けたうえで、その中で転がしを続けるというのを最初に決めておくことです。

2回目以降は堅い買い目を選ぶ

競艇の転がしは、最初のレースが的中した後はより堅い買い目を選ぶようにしてください

たとえば、最初のレースで4倍のオッズのレースを的中したとします。その後は、最初のレースよりも多くの金額を賭けられるようになるため、オッズは少なくても問題ありません。

1レース目を4倍で的中できたら次は3倍、次は2倍にするなど、少しずつ堅い買い目を選ぶようにしていけば、結果として賭ける額は増えているためリスクヘッジはできています。

注意点としては、どれだけ堅い買い目だとしても、2倍以下のオッズは選択してはいけないという点です。

オッズが2倍を切ると回収率は著しく低下していきますので、あくまでも2~4倍のオッズの中で、より堅い買い目を選ぶようにしてください。

まとめ

競艇の買い方の一つである、転がしについて詳しく説明していきました。

前のレースで勝った全額を次のレースに賭けると聞くと、ただのギャンブルで増やしていく買い方のように感じるかもしれません。

しかし、競艇は競馬に比べて的中率が高い反面、オッズが低くて配当金が少ないというデメリットがあるため、転がしが有効な戦略として成り立っています。

成功させるためのコツを上記で説明していきましたが、結論としては、購入するレースをきちんと見極める目を養うという点に尽きます。

しかし、自分だけの力で転がしを成功させるために連勝するのは至難の業です。

そんな時には、ぜひ以下で紹介するおすすめの競艇予想サイトを活用してみてください。

予想サイトの中には、転がしを前提にしているプランも用意されていますので、1日で大金を稼ぐこともできます。

自分で競艇予想サイトを探すと悪質サイトを使ってしまうリスクもありますので、ぜひ以下で紹介する優良サイトを利用しながら、転がしを行ってみてください。