競艇の2連単とは?勝つためのポイントを5つ紹介!

競艇 2連単

みなさんは、競艇の2連単がどのような舟券なのか知っていますか?

競艇予想をする上で欠かせないのが舟券という投票券のようなもので、予想の仕方によってさまざまな舟券が存在しています。

6艇のボートの着順を予想する競艇において、1着と2着の選手と着順を的中させることで配当金が得られるのが2連単の勝ち方となります。

競艇の舟券には、他にも3連単という舟券もありますが、2連単は3連単に比べて予想する艇と着順の数が少ないため、比較的競艇初心者の人でも楽しめる人気の舟券となっています。

そこで本記事では、競艇の2連単について気になっているという人向けに、2連単の的中率や平均配当金、最高配当金についての解説や、2連単で勝つためのポイントなどを詳しく紹介していきます。

これから2連単の舟券の購入を検討しているという人は、ぜひチェックしてみてください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

2連単とは?簡単に解説!

 

はじめに、2連単とはどのような舟券なのかについて簡単に解説していきます。

2連単とは、冒頭でも紹介した通り1着と2着の選手と着順を的中させることで配当金が得られる舟券となっています。

2連単に似ている舟券に2連複といった種類の舟券もありますが、2連複の場合は着順は関係なく、2着までに入る2選手を予想すれば的中となります。

また、2連単と3連単の違いは簡単で、2着までの着順と選手を予想するのが2連単、3着までの着順と選手を予想するのが3連単となります。

2連単は、3連単に比べて予想の難易度は格段に落ちるため、競艇初心者の人でも比較的当てやすい舟券として人気を集めています。

2連単の的中率について解説

競艇 2連単

次に、2連単の的中率について紹介していきます。

競艇の2連単の舟券の購入を検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

2連単の組み合わせは全部で30通り

1着・2着に入る選手と着順の両方を的中させなければいけない2連単は、全ての組み合わせが30通りもあり、的中率は1/30となります。

ちなみに、他の舟券の的中率は以下の通りです。

  • 単勝⇒1/6
  • 複勝⇒1/3
  • 2連複1/15
  • 拡連複⇒3/15
  • 3連単⇒1/120
  • 3連複⇒1/20

2連単は、舟券の中では比較的的中させやすい種類だと紹介しましたが、こうしてみると意外にも2連単よりも的中率が高い舟券がいくつか存在していることがわかります。

確率にして約3.33%

2連単の的中率の1/30というのは、確率で表すと約3.33%となります。

この数字だけを聞くと、2連単の予想を的中させるのは相当難しく感じでしまいますが、競艇のセオリーとしてインコースが有利な点などを考慮すれば、その数字を限りなく100%に近づけることは十分に可能です。

むしろ、その低い確率を自分の力で上げていく過程こそが、競艇予想の醍醐味といえるでしょう。

以下では、2連単の出やすい出目について詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

競艇の2連単は稼げる?全国各地の出目ランキングを紹介

2連単の平均配当金と最高配当金

競艇 2連単

次に、2連単の平均配当金と最高配当金について紹介していきます。

2連単ではどれくらい稼げるのか気になっている人は、ぜひチェックしてみてください。

平均配当金

はじめに、2連単の平均配当金から紹介していきます。

2連単では、平均しておよそ1,900円の配当金がつくことになっています。

これは、全国の競艇場で行われたレースの2連単の配当金から割り出したもので、最も多く出る2連単の配当金がおよそ1,900円ということになります。

この数字は、舟券の中では高い方に位置しており、2連単よりも平均配当金が高い舟券は3連単しかありません。

しかし、3連単の平均配当金はおよそ7,300円と非常に高く、2連単の倍以上の金額となっており、大勝ちしたいという人は2連単よりも3連単の方がおすすめです。

また、平均配当金が1,900円ということは、1回のレースで100円を賭け、見事的中させることができれば1,800円の利益が生まれるということになるため、買い目をうまくすれば収支がマイナスになるということはあまりないでしょう。

最高配当金

次に、2連単の最高配当金を紹介します。

競艇の歴史上、2連単で最も高い配当金がついたのは2016年の5月に、芦屋競艇場で行われたレースで記録された579,900円という破格の配当金です。

2連単で50万円を超えるというのは、今後の競艇の未来にもないのでは、といっても良いくらい珍しい数字です。

なぜこんなにも高い配当がついたのかというと、1番人気だった1号艇の選手が3着となり、人気の低かった6号艇の選手が2着、また2着に4号艇が入るという大波乱のレースになったため、オッズが上がったのが理由として考えられます。

このようなことはもう二度と起こらないのではないか、と言われてはいるものの、実際に起こった事例のため、絶対にないとは言い切れません。

舟券の中でも配当金が高い2連単では、50万円はないとしても、まれに非常に高い配当がつくことも十分に考えられます。

以下の記事では、競艇の払戻金について詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

競艇の払戻金には限度額が存在!注意すべき点など詳細まとめ

2連単で勝つためのポイントを5つ紹介

競艇 2連単

次に、競艇の2連単で勝つためのポイントを5つ紹介していきます。

  • 1号艇が勝てるレースを選ぶ
  • 買い目を抑える
  • 合計金額は5,000円以内にする
  • 荒れそうなレースは極力避ける
  • 選手と競艇場の特徴を押さえる

以下では、1つず詳しく紹介していきますので、2連単で勝ちたいと考えている人はぜひチェックしてみてください。

1号艇が勝てるレースを選ぶ

競艇の2連単で勝つためのポイントとして、1号艇が勝てるレースを選ぶという点が挙げられます。

競艇の基本的な知識として、インコースが有利だということがあります。

以下でも紹介しますが、2連単では基本的に少ない買い目で勝負することが鉄則となります。

そのため、少しでも勝てる艇を選んでおきたいという点から、最も勝率の高い1号艇を選ぶことをおすすめします。

その1号艇の勝率をさらに高くするため、イン逃げが得意な選手や、1号艇に配置された選手が慣れた競艇場で行われるのかなど、1号艇に配置された選手がさらに勝ちやすくなるような要素を見つけ、条件の良いレースで舟券を買うように意識しましょう。

買い目を抑える

競艇の2連単で勝つためのポイントとして、買い目を抑えるという点が挙げられます。

2連単に限った話ではありませんが、回収率を上げるにはできるだけ買い目を抑える必要があります。

単勝や複勝のように、1レースや2レースで収支がマイナスになってしまうということはあまり起こりませんが、しっかりと利益を出し、高い回収率を目指していくならば買い目を抑える努力はするべきでしょう。

おすすめの買い目は少なくて3点、多くても6点くらいにしておくと、もし負けてしまった時のリスクも少なく済みます。

2連単で勝負をする際は、買い目を抑えるということを覚えておきましょう。

以下では、買い目について詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

競艇の買い目は全部で何通り?勝つためには三連単を押さえよう!

合計金額は5,000円以内にする

競艇の2連単で勝つためのポイントとして、舟券の合計金額は5,000円以内にするという点が挙げられます。

こちらも買い目のポイント同様、2連単に限った話ではありませんが、回収率を上げるには絶対に意識しておきたいポイントです。

平均配当金が1,900円前後といっても、およそ1,000円といった配当金も少なくありません。

そのような場合、あまり高い賭け金を設定してしまうと収支がマイナスになりがちになってしまうという注意点があるため覚えておきましょう。

また、高い賭け金が設定された場合、オッズがほとんどのケースで下がってしまい、結果として高い配当金を得られなくなってしまうということにもなりかねません。

そのため、どんなに自信のあるレースであっても、5,000円までにとどめておくことをおすすめします。

荒れそうなレースは極力避ける

競艇の2連単で勝つためのポイントとして、荒れそうなレースは極力避けるという点が挙げられます。

上記でも紹介した通り、勝率の高い1号艇が勝てるレースを選ぶべきです。

そのため、荒れそうなレースや、穴狙いの予想など、はじめからオッズが跳ね上がりそうな要素のあるレースは予想すべきではありません。

高額な配当金を手に入れたいという気持ちはみなさんありますが、2連単はもともと一攫千金を狙うような舟券ではありません。

2連単で勝つには、戦略を立てて手堅く勝つレースを増やし、高い回収率をキープしていくのが理想なため、荒れそうなレースの予想は極力避けるように意識してみてください。

選手と競艇場の特徴を押さえる

競艇の2連単で勝つためのポイントとして、選手と競艇場の特徴を押さえるという点が挙げられます。

2連単の場合、1着と2着、2つの着順と選手を当てなくてはなりません。

3連単よりは難易度は下がりますが、それでも着順まで当てなければいけないのは相当難しいといえます。

現に、確率にして3.33%と非常に低い確率となっており、100回のレースのうち、3回しか的中させることができないという計算になります。

この低確率のレースに真正面から挑むことは無謀であり、運任せといっても良いでしょう。

しかし、選手や競艇場の特徴をしっかりと押さえることで、その3%という数字を100%に近づけることができるのです。

選手によって得意な水面や得意な決まり手、風の状況などがあったり、競艇場によってインコースが強い、風が吹きやすい、海水でできている、などがあったりと、さまざまな条件があります。

競艇において、インコースが強いと言われており、全国の競艇場の中には1号艇の勝率が60%を超える競艇場も存在しています。

その競艇場で行われるレースで、イン逃げが得意な選手が1号艇に配置されることがあれば、非常に高い確率で1着を取ってくれるため、2連単の場合はあとは2着を当てれば良い、ということになります。

このように、選手や競艇場の特徴を理解しておくことで、2連単の予想を的中させる確率をグッと上げることができるため、2連単の舟券の購入を考えている人は、この点を必ず押さえておきましょう。

以下の記事では、競艇予想の勉強について詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

競艇を勉強するなら何を覚えれば良い?最低限の知識は押さえておこう!

まとめ

2連単の的中率や平均配当金、最高配当金についての解説や、2連単で勝つためのポイントなどを詳しく紹介しました。

舟券の中では配当金が高い部類に属しており、3連単に比べて的中させる確率が高い2連単は、競艇初心者や中級者におすすめの舟券だといえます。

今回紹介したポイントを押さえれば、高い確率で2連単を的中させることができますので、ぜひチェックしてみてください。

競艇の2連単について気になっているという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!