【競艇】浜名湖競艇場で初心者が勝つ方法を伝授!特徴や傾向を分析

浜名湖競艇場

静岡県にある浜名湖の南岸にある『浜名湖競艇場』は、東日本で最初に建設された競艇場です。

もともとは旧浜名郡舞阪町弁天島に作られましたが1968年に移転が完了し、現在まで人気の競艇場として高い人気を獲得しています。晴れた日は富士山を眺めることができるため、インスタ映えスポットの競艇場としても知られています。

日本全国に競艇場は24個ありますが、それぞれで異なる個性や特徴があります。会場ごとの特徴をしっかりと押さえておくことが競艇の初心者が勝つための最初の手段であり、勝つための近道です。

この記事では、競艇初心者が浜名湖競艇場で勝つために押さえておきたい特徴や傾向を余すことなく紹介していきます。浜名湖競艇で近い方、これから競艇を始めようと思っている方、各会場の特徴を知りたい方は、必ず最後までご覧ください。

浜名湖競艇場のコース概要

浜名湖競艇場のコース概要

はじめに、浜名湖競艇場のコース概要や歴史を簡単に説明していきます。

歴史

冒頭でも説明した通り、浜名湖競艇場は東日本で最初に作られた競艇場です。

競艇に対する啓蒙活動が活発なことで知られていて、職員による競艇の説明や競技の説明が頻繁に行われており、お笑い芸人などのゲストが頻繁にライブやトークショーを行います。また、初心者向け講座も頻繁に行われているため、あまり競艇に関して深い知見がない方でも楽しめます。

景観も非常に素晴らしく、競艇場からは天気が良ければ富士山が見えます。さらに、駅のホームから競艇場の大型掲示板を確認できるほか、東海道新幹線の車窓からも競艇場が見えるので、競艇に興味はないけど知っているという方も多いでしょう。

マスコットはスワッキー、クロッキー、ローリーの3人です。場内締切5分前を知らせる音楽はふじの山が名物となっており、景観と共に名物です。

ちなみにグルメも有名な競艇場で、とくにおすすめしたいのは「うなぎ」です。うなぎをご飯に乗せた鰻丼が1,050円で提供されていますので、浜名湖競艇場に来場する方は必ず注文してみてください。さらに土用の丑の日には格安で鰻丼が食べられるイベントも開催されていますので、レースだけではなくグルメもぜひチェックしてみてください。

基本データ

浜名湖競艇場の基本データは以下の通りです。

  • 所在地⇒静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
  • 開場⇒1953年8月7日
  • 水面⇒浜名湖
  • 水質⇒汽水
  • モーター⇒減温
  • 水位変化⇒多少あり
  • 干満差⇒多少あり

最大の特徴は競争水面の面積が日本の競艇場で最も広いという点です。また、走りやすい競艇場として多くの選手から高い人気を誇っており、アンケートなどでも常に高い人気を誇っています。

春から夏にかけては向かい風が多くイン有利となる傾向が多いため、荒れにくく堅いレース展開になりやすいという特徴があります。

アクセス

浜名湖競艇場は非常にアクセスが便利な競艇場なので、さまざまな移動手段で行くことができます。

  • 電車
  • バス

電車で行く場合はJR新居町駅から徒歩で約5分という抜群のアクセスです。また、無料の送迎バスが出ているため、車や電車でアクセスできない方は利用してください。

  • 西鹿島駅バス乗り場
  • 浜松駅バスターミナル
  • 浜松市北区三方原地区、同天竜区方面から

西鹿島駅と浜松駅から毎朝1本の無料バスが運行しています。詳しくはホームページに記載されていますので利用前に必ずチェックしておきましょう。

自家用車で高速を使っていく場合は、浜松浜北ICから約50分です。また、4,600台も駐車できる無料駐車場もありますので、自家用車で行く方も気軽に来場しましょう。

入場料と有料席

浜名湖競艇場は15歳以上の方の入場料が100円で、15歳以下は0円です。また、8レース後の入場料は無料となりますので、入場料に関してはとくに気にする必要はありません。

浜名湖競艇場には入場料だけではなく有料席が完備されています。SGやG1競走などの注目レースが開催される場合は、落ち着いた有料席で観覧した方が舟券を買う手間も省けるでしょう。

南スタンド3階 1,000~6,000円
グループ 3,000~8,000円
スタンダード 1,500~3,000円
プレミアム 3,000~6,000円

席の種類などでも費用は変わりますが、舟券を落ち着いて購入したいという方は有料席を利用することをおすすめします。ひとりで行くときはスタンダードエリアがおすすめで、値段も1,500円と安価なのでぜひ活用してみましょう。

主要なレース情報

浜名湖競艇場では周年記念として『浜名湖賞』が開催されています。

ほかにも企業杯として河合楽器スポーツ杯とSUZUKIスピードカップが隔年で開催されており、新鋭リーグ戦の若鮎杯や女子リーグのフラワーカップなどが有名です。

2014年、2015年、2018年にはSGも開催されており、それ以外の年も定期的にSGが開催されていますので、ぜひ大きなレースもチェックしてみましょう。

浜名湖競艇場で初心者が勝つために押さえておくべき特徴を4つ紹介

浜名湖競艇場の特徴

上記項目では浜名湖競艇場のコース概要を紹介してきましたが、ここからは初心者が勝つために押さえておくべき特徴を紹介していきます。

センターからの捲りが決まりやすい

上記でも説明した通り、浜名湖競艇場は日本で最も水面が広い競艇場です。そのため、センターからの捲りが決まりやすいという特徴があります。

スピード感のあるレース展開が魅力的で、向かい風の時はとくに強いチャンスと見ていいでしょう。しかし、この向かい風は季節により変わります。

冬は追い風で夏は向かい風が吹く競艇場なので、風を計算にいれなければ捲りに対応できません。水面が穏やかでほとんど荒れることはありませんので、イン有利の展開になりやすいです。

しかし、浜名湖競艇場の面白いところは、イン有利の展開になりやすい会場でありながらセンターからの捲りが決まりやすいという特徴にあります。インの勝率は50%台と平均から考えればやや低めでありながら、センターからの捲りが決まりやすい広い水面なので、波乱も起きやすくなります。

夏と冬で枠の勝率が変わる

上記でも軽く触れましたが、浜名湖競艇場は夏と冬で枠の勝率が大きく変わります。

  • 夏⇒一号艇の勝率は42.2%
  • 冬⇒一号艇の勝率は54.7%

夏場は一号艇の勝率がとても低い競艇場です。すべての会場のなかでも下から数えた方が早いくらい一号艇が勝つのが難しい競艇場であるにも関わらず、冬場は全会場のなかでも5番目に一号艇が勝ちやすい競艇場になります。このように、夏と冬で一号艇の勝率が大きく変わるのが浜名湖競艇場の最大の特徴であるといえるでしょう。

そして一号艇だけではなく、夏と冬では勝ちやすさが以下のように変わってきます。

  • 夏⇒二号艇の勝率が19.3%で全国4位
  • 冬⇒六号艇の勝率が4.9%で全国3位

夏は二号艇が勝ちやすく冬は六号艇が勝ちやすいという特徴があります。どちらの季節でも勝ちやすい枠順が異なってきますので、浜名湖競艇場で勝負しようと考えている方は必ず覚えておきましょう。

風がレース展開を左右する

水面自体はクセがないことで知られていますが、レース展開を風が左右することでも知られている競艇場です。そのため、南北に風が強く吹いている時は舟券の購入も普段通りではいけません。

浜名湖競艇場の競争見水面は南北にのびる形で作られていて、選手は北から南に向かってスタートしていきます。周辺に風を遮るものが少ないので、選手は向かい風の影響を強く受けてしまうためレースの展開が大きく変わることが多いです。

  • 向かい風の時はアウトが有利
  • 追い風の時はインが有利

もちろん浜名湖競艇場以外の競艇場でも上記のような特徴は出ますが、浜名湖競艇場はとくに風の強さが顕著に現れますので、上記で紹介したアウトイン有利が強く現れます。

そのため、風がレース展開を大きく左右するといことを覚えておきながら、風が強い時はインとアウトの購入を検討することをおすすめします。舟券を購入する時は風の確認は必須です。

地元の有力選手をチェックする

競艇場にはその場所を得意とする地元の有力選手が多く在籍しています。もちろん浜名湖競艇場にも多くの有力選手が在籍しているため、そういった選手が出走するレースはぜひチェックしましょう。

浜名湖競艇場に出走していたらチェックすべき選手は以下の通りです。

  • 服部幸男
  • 徳増秀樹
  • 今坂勝広
  • 菊地孝平
  • 坪井康晴
  • 横澤剛治
  • 笠原亮
  • 重野哲之
  • 深谷知博
  • 三浦永理

SG最年少優勝記録を持っている服部幸男選手、日本最速レコードを持っている今坂勝広選手、2006年の最多勝利選手である徳増秀樹選手など、さまざまな有力選手が在籍しています。

とくに注目してほしい服部幸男選手は2017年に全24場制覇を達成し、2016年には通算100人目となる2000勝を達成した名選手です。過去にはSGも全日本選手権を最年少で優勝、1995年に2回、1997年にも1回優勝するなど、数々のタイトルを獲得しています。

まとめ

浜名湖競艇場のコース概要や初心者がレースに勝つための必勝法を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

穏やかな水面でありながら特徴的な風が吹く浜名湖競艇場では、季節によりインの勝率が大きく変わるという特徴があります。また、冬場はアウトの勝率が非常に高いので、風の吹き具合に応じてインやアウトの狙い目を考えてみましょう。

浜名湖競艇場には「Mooovi(モーヴィ)浜名湖」という子どもの遊び場もありますので、子どもを連れての来場もおすすめです。場内は完全入れ替え制となっており、赤ちゃんから小学生まで幅広い年齢の子どもが遊べる場所となりますので、競艇だけではなく家族サービスとしても利用できます。

専用サイトを使えば浜名湖競艇場のライブ中継やリプレイ動画などもいつでも見られるため、コースの特徴を押さえながらぜひ活用してみましょう!