ワクワクが止まらない!?競艇の払い戻しについて詳しく解説

「競艇の払い戻しとは?」

競艇には聞き慣れない用語が多く存在しており、難しく感じてしまいますよね。競艇を始めた頃によく聞く「払い戻し」もその中の1つだと思います。

払い戻しとは簡単にまとめると舟券が的中した時に貰えるお金のことを指しています。意味を知ると競艇初心者の人でも、最もイメージしやすくワクワクする瞬間だと思います。本記事ではそんな払い戻しについて意味や、貰える割合について詳しく紹介していきます。

また「払い戻しの実践的な情報を詳しく知りたい」という人に向けて本記事では以下の内容を紹介しています。

  • ワクワクが止まらない競艇の払い戻しについて詳しく解説
  • 知らなきゃ損する競艇払い戻しの計算方法
  • 初心者でも安心して払い戻しを受け取る方法
  • 【実例】払い戻し高額ランキングTOP10
  • 払い戻しを徹底的に狙うコツ
  • 無駄金になる?競艇払い戻しの注意点
  • 競艇払い戻しに関する3つのFAQ
  • デキる競艇ファンが使っているサイト「万舟ジャパン」

これであなたも払い戻しの意味について詳しく知ることができるだけでなく、競艇を行う際に役立つ実践的な払い戻しの情報まで知ることができます。また記事の最終章では、払い戻しを貰うことが増えるサイトについて紹介していますので、ぜひご覧ください。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!

1:ワクワクが止まらない競艇の払い戻しについて詳しく解説

ワクワクが止まらない競艇の払い戻しについて詳しく解説

競艇を始めた頃によく聞く「払い戻し」ですが普段生活をしている中で聞くことがないため、難しく感じてしまいますよね。払い戻しとは舟券が的中した時に貰えるお金のことを指しています

払い戻しは、売上の何パーセントを購入した人に還元するかを表した還元率と、運営側に手数料として支払われる控除率で成り立っています。競艇の払い戻し率は75〜80パーセントと定められており、全国の競艇場のほとんどが75%となっています。

ちなみにですが宝くじの払い戻し率は、約45%となっているため競艇75%の還元率はかなり高いと言えます。とはいえ計算せず舟券を買い続けても負けてしまいます。競艇で儲けるためにも払い戻し率を計算して最終的な収支を計算しましょう。

また的中以外にも、払い戻しが発生するケースを紹介していますので、計算する際の参考にぜひご覧ください。
参考記事:競艇で舟券が払い戻しになる条件は?返還ルールや受け取り方法を解説

2:知らなきゃ損する競艇払い戻しの計算方法

知らなきゃ損する競艇払い戻しの計算方法

競艇は予想を的中させ得たとしても払い戻し率が設定されているため必ずしも全額もらえるとは限りません。最終的な収支をプラスにするためにも払い戻しの計算方法を紹介していきます。

まずは購入する舟券のオッズを確認しましょう。オッズとは、舟券が何倍になって戻ってくるかを倍率で表したものになります。オッズは競艇場に設置されているモニターで確認することができるため舟券を購入する際は確認するようにしましょう。

競艇の払い戻しは舟券の種類に応じて売上の75%が的中した人に分配されます。例えば、レースの売り上げが10万円だった場合、1号艇に1万円賭けたAさん、2号艇に4万円賭けたBさんがいたとします。このレースで1号艇が1着になった場合、払い戻し金の75,000円(売り上げ75%)を2人で分けることになるため、Aさんは1,5000円の払い戻し、Bさんは60,000円の払い戻しになります。

このレースで3号艇が1着になり、Cさんのみが舟券を購入していれば、払い戻し金75,000円は全額Cさんに支払われます。このように売り上げは全て賭けた金額によって分配されます。競艇でお金を増やしたい場合は計算するようにしましょう。

3:初心者でも安心して払い戻しを受け取る方法

初心者でも安心して払い戻しを受け取る方法予想が的中して払い戻しが発生した場合の受け取り方ですが、一番おすすめは自動支払機になります。的中した舟券を自動支払い機に通すだけで、払戻金が支払われます。自動支払機はほとんどの競艇場の観覧席近くに設置されているため気軽に受け取ることができます。

また、すべての競艇場ではありませんが、払い戻しと舟券の購入を同時にできる自動発払い機を設置しているところもあります。競艇場に来ている人の多くがレースを最後まで観戦して払い戻しをするため、第12レースの直後は混みます。スムーズに払い戻しを行いたいのであれば、11レース目と12レース目のインターバルの時に払い戻しをしておくことで、最終レースを観戦することができ、レースが終わった後すぐに帰ることができるためおすすめです。

また競艇場だけでなく、場外販売所でも受け取ることができます。場外販売所は競艇場がない地域に設けられていることが多い施設です。場外販売所には、競艇場と同じように自動払い戻し機が設置されているため、手軽に払い戻しを受け取ることができます。

4:【実例】払い戻し高額ランキングTOP10

【実例】払い戻し高額ランキングTOP10

競艇は、天候、波の動きによって予想できない荒れたレース展開となることもあります。そういったレースは高額払い戻しが多くなる傾向にあります。これまで実際にあった高額払い戻しランキングTOP10は以下のになります。

1位:682,760円
2位:650,610円
3位:595,550円
4位:579,900円
5位:537,990円
6位:514,810円
7位:511,500円
8位:506,500円
9位:498,640円
10位:489,350円

これまでの最高払い戻し金は、2011年徳山競艇場で行われたレースの682,760円です。100円が68万円になるため、驚愕の払戻金だったことがわかります。条件次第では高額払い戻しを狙うことができるため、予算に余裕がある時は運試しに狙ってみるのもいいかもしれません

5:払い戻しを徹底的に狙うコツ

払い戻しを徹底的に狙うコツ

払い戻しを狙うコツ、それはインコースを活かしたレース選びになります。そもそも競艇はインが強い傾向にありますが、特にインが強い作りをした競艇場だと1コースが70%ほどの勝率になります。

これを元に単勝、2連単、3連単を予想することで的中率を上げることができるようになります。レースを選ぶ際に重要なのがイン逃が強い競艇場とイン逃げの可能性が高いレースの見定めです。

イン逃げが強い競艇場は以下4つになります。
・大村競艇場
・徳山競艇場
・下関競艇場
・尼崎競艇場
・芦屋競艇場

またイン逃げの可能性が高いレースとして以下4つの特徴があります。
・イン逃げ率8割以上のA1選手
・逃し率の高い2コースの選手
・カド受けの役割を果たす3コースの選手
・風速3m以下で穏やかな水面

先ほど紹介した競艇場で上記4つの条件が揃っていれば、イン逃げが成功する可能性はかなり高いと言えます。払い戻しを狙うためにも注意しながら舟券を購入するようにしましょう。

6:無駄金になる?競艇払い戻しの注意点

払い戻しの際には気をつけなければいけない注意点があります。それは自動払戻機会を使った払い戻しです。自動払戻機会には100万という限度額があるため、高額当選の場合は競艇場の専用窓口まで行く必要があります

そのため近くに競艇場がない人は移動をしてお金を受け取りに行く必要があり、お金だけではなく時間も無駄にしてしまう可能性があります。近くに競艇場がなく、高額当選を狙っているという人はインターネット払い戻しで受け取ることをおすすめします。

ネットで舟券を購入しておくことで、オンライン上ですぐに精算することができます。インターネットを使った舟件の購入方法が知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。
参考記事:競艇予想サイトは「テレボート」一択!おすすめ理由を3つ紹介

7:競艇払い戻しに関する3つのFAQ

競艇払い戻しに関する3つのFAQ

競艇の払い戻しに関するよくある質問は以下の3つになります。

Q1.払い戻しに上限はあるの?
Q2.受け取り期限は?
Q3.税金はかかるの?

これで払い戻しに関するあなたの悩みを解消することができます。早速Q1から見ていきましょう。

Q1.払い戻しに上限はあるの?

A.上限は2,000万円

競艇払い戻し上限は2,000万円になります。宝くじなどに比べると少なく感じるかもしれません。ですが2,000万円を当てるには、10万円を賭けた舟券に200倍の配当がつく必要があります。不可能ではありませんが、2,000万円を受け取るのはほぼ不可能といえますので、あくまでも上限があるということだけ覚えておいてください。

Q2.受け取り期限は?

A.レース翌日から60日間

すぐに受け取ることができない人もいるため、余裕を持った日付設定がされています。ですが当たり舟券を無くしてしまうと受け取り不可となることもあるため、注意して大切に保管しておきましょう。

Q3.税金はかかるの?

A.1年間の払い戻し合計金額が50万円超えた場合かかる

公営競技では、1月1日〜12月31日までの1年間で得た払い戻しの合計が50万円を超えた場合には税金の支払いが必要になります。年間50万円までは特別控除額として非課税対象になります。税金の計算方法について詳しく知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。
参考記事:競艇で舟券に税金はかかる?課税対象になるケースや計算方法を詳しく解説!

8:デキる競艇ファンが使っているサイト「万舟ジャパン」

万舟JAPAN

競艇はデータのみで当てることが難しくなっているため、日々競艇ファンは苦戦しています。そこでデキる競艇ファンは、万舟ジャパンという競艇予想サイトを使うことで的中率を上げています。

万舟ジャパンは365日無料でボートレース予想を行っているだけでなく、さらに高配当を狙える3連単予想では高水準の的中率を叩き出しているため安心してご利用いただけます。

また下記記事では、紹介しきれなかった競艇予想サイトを詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。
参考記事:本当に当たる優良競艇予想サイトおすすめランキング

まとめ

本記事では競艇払い戻しについて詳しく解説しました。払い戻しは競艇で1番嬉しい瞬間ですが、ルールを知っておかなければ受け取ることができなくなってしまいます。

本記事で紹介した内容に注意しながら競艇を存分に楽しみましょう。


競艇が全然稼げなくて悩んではいませんか?

▼【毎日365日】競艇予想の買い目がなんと今なら無料で貰える優良競艇予想サイトTOP3!